11
1
2
5
7
9
10
12
14
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

考え、行動できる欧米人

こんにちは。

仏蘭西大統領選、第1回投票が終わり、予想通り5月7日の決選投票へと進むことになりましたね。


当地フランスでは、「朝から晩までテレビはこのニュースで持ちきりでしょう?」と日本の母に聞かれたものの…きっとテレビ放映での取り上げ方は日本の方が上かもしれません。

こちらでは、日本のテレビのように、どのチャンネル回しても皆んなこぞって同じニュースをやっている!特番を組んでいる!ということはほぼありません。イギリスに住んでいた時もそうでした。

なので、この前のシャンゼリゼ通りのテロの時も同じ…

日本のような緊急速報なんかも流れませんから、テロのニュースでさえもネットを開くまでは知り得ませんでした…


報道はやっていても、朝、ゴールデンタイムのニュースぐらいで、昼間テレビを付ければ、普通にドラマや、映画、日本のアニメを見ることの方が多いかもしれません。くだらないコメディだってやっています。


日本では、東日本大地震の時、テレビ放映はどこも緊急番組でした。民放のCMに至っては、公益社団法人 ACジャパンのものに置き換わり、「こんにちは(こんにちワン)…ぽぽぽぽ~ん」という歌詞が今でも頭に残っているほどです。

もちろん、あのような悲惨な状況下です。自粛するのは当然のことなのかもしれません。ただ、あそこまで極端にやらなくても…と思った方も少なくないのではないでしょうか。

地震に限ったことではありませんが、緊急番組をやるのは、情報収集、現状把握するのにとても重要な役目を果たしてくれているのは間違いありません。

ただ、どこもかしこもそればかり放映しているのでは、人間、精神的に余裕が持てなくなったり、焦りが募ったりしませんか…?

仮に、大事件、災害が発生したとします。日本では、ほとんどの局がそのニュースでもちきりになることでしょう。でも、たまたまチャンネルを回していてコメディ番組がやっていたとします…

それを一瞬見て、少しほっとする人、不快な思いをする人の両者がいるはずです。

前者は、局によって異なる情報量の多さと引っ切り無しに取り上げられる深刻なニュースに少々疲れ気味な方かもしれません。

後者の中には、実際に不運に巻き込まれた方もいらっしゃるかもしれません。その方々の気持ちを汲んでのテレビ放映側の判断というのも、分かります。

ただ、それは、国外に一歩出てみると異なってくるもの。

「自己で考え、選択、行動をする」


地震の時の話に戻りますが、深刻な状況下であるからと言って、誰もが落胆し、自粛モードになる必要はないとはっきり述べれば反感を買うかもしれませんが、状況を分かった上での気分転換も大切なこと。経済活動にだって大きく影響します。

緊急番組を見た後に、映画やコメディ番組を見るというのが果たして悪だったのでしょうか?そう思う人もいれば、それを必要とする人もいる…要は、自分で考えて選べば良い話なのです。

テレビにせよ、サービス業にせよ、提供する側に全ての判断を任せてしまう日本のシステムが時として窮屈に感じ、もっと問題視するべきではないかと思うことがあります。特に、提供する側は、クレームされた場合を大きく考慮しすぎです。

日本は心遣いができる素晴らしい国。本当にその通りだと思います。

でも、それが度を越すと…

何も自分で考えて行動できず、ほんのちょっと不快な思いをすると大げさにクレームをする人が多くなってしまう。

そうはなってほしくないのですが、ネットで日本のニュースを見ていると、「こんな小さな事で?!」と唖然とすることが兎に角多い…

日本は母国、私も大好きな国ではありますが、もっと一人ひとりが独自に考え、行動できる国であってほしい…そう願います。


日本、ふるさと伊勢を遠く仏蘭西から想って…



ご訪問ありがとうございます✨今日はちょっと思うことが色々と重なったので、写真少なめ文章多めです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村
まだまだ慣れないパリ生活頑張れ~と皆様からのランキング応援のポチッとが心の支えです(>人<;)上のバナーをどうか1ポチッ!

Flower Nest London to Paris インスタへのフォローはどうぞお気軽に💐
Instagram
Merci!!!

theme : 社会ニュース
genre : ニュース

tag : パリ

自粛自粛ってさ・・・

ぴよさん、こんちわ~。
あたしも、同感でございます!
311のとき、昨年の熊本地震のとき。
国民一体化して、自粛自粛の大合唱。
確かに、未曾有の大災害に見舞われたあとは
そんなムードに陥りやすいのはわかるけど・・・
どこか、やりすぎ感があったのは否めない。
確かに、現地の方々、実際に被害に遭った方々にとっては
辛い、とんでもない経験をされたと思う。
それを同じ国民として痛み分けするのも良しだと思うけど・・・
メディア挙ってそれを助長するような行動もどうかと思う?
ましてや、ネット上でタレントのお見舞いコメントに
揚げ足を取るような言動が多くみられ、
そりゃ違うだろ!と怒り心頭。
自分は正義。だと勘違いして人の揚げ足取りする輩、
単に目立ちたかっただけなのかもね?
ネット、こわっ(;Ф∀Ф)

日本のテレビ

そうですね、日本のニュースを含むテレビ番組はちょっと特殊ですね。
来る日も来る日も、何時間も同じことを報道して...
もう何年も前の『酒井法子さん事件』、ちょうど里帰り中だったんですけど、あの頃まだ小さかった娘がいまだに覚えていますよ。(汗)
例えが悪かったかもしれませんが(かなり悪かったでしょうか^^;)、情報を押し付けられてる感じがする、ということです。
『自粛』も、押し付けられて仕方なくすることではないですよね。
皆それぞれ考え方に違いかあるのだから、自分にできることをすればいいのだと思います。

No title

私は地震の起こった時もドイツにいたから、Piyoさんのこの記事はその時の体験も踏まえた上でだから、猶更考えさせられることが多いので、書いてくれてありがとう。

私は今のドイツのうちにはラジオしかないのだけれども、速報とか昨年末のベルリンやミュンヘンのテロ報道は最新情報を伝えるという意味合いで一日に何回も流れているとはいえ、確かに全部のチャンネルがそうだってことはなかったね。音楽番組がそういうテロでもって自粛されることなんてなかった。

結構宗教的な考え方から見ると(私はキリスト教徒ではないけれど、実は神学もやっているので)、悲しみとかを共有する時間とかはもちろん大事にされているけれども、なんだか日本は一般的には「非宗教的」とか、「宗教」って聞くだけでネガティブに捉えるような風潮にあるけれど(それもあって私もよほどのことがない限り、日本の知り合いや友人にも神学も研究範囲だとは言わないようにしている・・・焦)、無意識にか、社会の風潮も「常識」とかそういう見えない教理で行動するように、つまり、信じるか否かに関係なく(これが個人的には問題だと思うんだけれど・・・)指示されている気がするね。
あくまでも「気がする」だけれど、そこがネガティブあるいはポジティブな意味に関係なく「宗教的(或る共同体の教えを真として、それを従属して伝承するという意味で)」だなと思う。

はじけ猫さん へ

はじけ猫さん、こんばんは〜(^^)

きっとあの時にこの記事書いてたら炎上しちゃいそうですよね?!でも、きっと疑問に思っていた人もいたはず!海外から見たら特に異様だったかもしれない・・・
周りに合わせる日本人気質のあまり良くない面かな・・・とも思いました(´Д` )
自分で考えて選べば良いのに、そういう環境が整っていないんですよね・・・報道まで・・・

その某タレントさんのお見舞いコメントニュースびっくりでしたよね!
何でもかんでも言えるネットは怖ろしいし、悲しいことに屈折している人多すぎです。
でも、こういうこと書いてもはじけ猫さんなら分かってくれると思いました〜!ありがとうございます(^^)

pilさん へ

pilさん、こんばんは〜(^^)
やはり!いやいや、その酒井法子さん事件も同様ですよ。
芸能ネタもNHK以外はず〜ッとワイドショーで持ちきりですからね(^_^;)あれ異常です。
まだお嬢さんが覚えているっていうのを聞いて、怖ろしい洗脳だなと思いました。ぽぽぽぽ〜んっていうCM、pilさんもご覧になったことありますか?私、この記事書いてから余計に染み付いちゃっています(^_^;)
良い意味でも悪い意味でも個々の考えがしっかりしている欧米に来てみると、便利すぎて、何でも提供されるままに受け取る日本人がこのままいくと思考停止しちゃうんじゃないかと不安になります。
とか、今日は何だか私っぽくないブログになっちゃいましたが、読んでいただきありがとうございます(^^)

ドイツ産ハムスターさん へ

ドイツ産ハムスターさん、こんばんは(^^)

そっか、あの時はすでにドイツ入りしていたのだね。私も地震が起きて数週間は自粛することに対して何の疑問も抱かなかったのだけれど、あまりにもずっと自粛モードを強いているようなあの報道の洗脳ぶりには怖ろしさを覚えたよ。
そうだよね、テロがあっても全てが全てそのニュースで持ちきりっていうことは海外ではなかなかないのかもしれないね。フランスでは、逆にクレームが来たりしそうだよ・・・(^_^;)

なるほど、神学的な見地からすると「宗教的」、洗脳の度合い的にも同感だよ。
無意識的にっていうのがまた怖いかな。それを受け取り続ける人々が心配にもなる・・・
こちらに来てみて、良い面でも悪い面でも宗教と人々の結びつきの強さを感じるようになったけれど、多くの日本人にとって指針なるものが自分の中に欠けている気がしてならない。そして、それに伴って己で考える力も不足してきているんじゃないかな。

って、真面目〜な記事にしちゃったけれど、たまにはこうして考えをまとめておくのも悪くないね(^^)
Secret

プロフィール

Piyosophy

Author:Piyosophy
『まずはハワイじゃなくてロンドン暮らし』というブログから、2017年3月1日より名前を変更しました。

療養目的で移住を考えていたハワイですが、その夢とは別に夫婦で新たな夢を追うことになりました。人生色々、日本で体を壊した後、ロンドンにてフラワーデザイナーをやってるぞ自分?!∑(゚Д゚)と思ったら、今度はまさかのパリへ。

海外生活には慣れたものの、今度は言葉がほぼ分からないパリ生活がスタートしました。どうなることやら・・・

線維筋痛症だと思っていた持病は、渡英後、ジストニアだと判明。
これ以上の病状悪化を防ぐためにも、ヨガは日々の生活に欠かせないものとなりました。

花、美術館巡り、クラシックバレエ鑑賞が大好き。

持病の完治も目指しつつ、前向きに夢を実現させたいと精進精進!
人間、やっぱり健康第一です。

thank you for coming!

現在の閲覧者数:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブログランキング参加中

Merci beaucoup! にほんブログ村ランキング応援よろしくお願い致します!

FC2Blog Ranking

News

検索フォーム

月別アーカイブ

TripAdvisor

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました!
トリップアドバイザー
ホノルル観光ホテル口コミ情報

おすすめリンク

基本的にリンクフリーですが、メッセージ頂けるとこちらからも相互リンク検討致します!お気軽にご連絡ください(^^)