06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトハウスでの滞在?!

こんにちは。

前回は、ジュラシックコーストでの化石ハンティングの模様をお送りしましたが、

今日は、実際にジュラシックコーストへいらっしゃる方へオススメしたい宿泊施設のお話。

ハンティングに適したジュラシックコースト沿の町、Charmouth で宿泊施設を探すとなると、実に少なくて驚きます!

でも、そんな中で、評価が高いホテルがこちら↓


真っ白な建物…

その名もThe White House

例の大統領がお住いのあそことは似ても似つかぬ場所ですが、

中はとっても素敵で居心地の良いアットホームな空間✨


なんと、全部で4部屋しかないという、予約がなかなか取りづらいホテルなのです。

冬の化石がよく取れるベストシーズンに向かわれる方は早めの予約をオススメ致しますm(__)m

私たちが滞在した部屋はこちら。古い木作りのホテルですが、それがまたすごく落ち着いて良かった✨


シングルベッドが2つ連なった広々ベッドはとても寝心地が良くてびっくり!

化石ハンティングにエキサイティングした初日 は、くたくたに疲れて即爆睡…(( _ _ ))..zzzZZ

日本の方が、海外のホテルで結構気になるのは、水周りですよね。。

でも、ご心配なく、古いホテルとはいえ、口コミ評価通りかなり清潔に保たれていて好感が持てます!

なんと、ちゃんとしたアメニティまである!!(大手のホテルでないと無い場合が多いのでびっくり)


バスタブもかなり広めなものが、付いています!

*ただし、お湯の出る量が限られているので、急いで浴びて次の人~~!!と焦らないと水になってしまう…これもあるあるなので要注意!


全4部屋と言うことで、二階建ての一軒家にちょいとお泊まりしに来ている感覚です(^^)


さて、ディナータイム。

実は、こちらのホテル、お食事が美味しいと評判なのです!そうと聞いちゃ~期待せずにはいられない!!


まず、レストランスペース横の暖炉の部屋へ通されます。そして、ワインを飲みつつ食事メニューに目を通します♪


暖炉の火が見るからにポカポカと暖か(^^)

まず、一品目は海老のビスク!


海が近い=新鮮なシーフードが手に入る

ロンドンのスーパーで売ってるシーフードの鮮度では絶対に作れないであろうお味でした✨

ロンドンのシーフードは、とにかく鮮度が悪いので…以前にもご紹介したマーブルアーチ近辺にある、プリヒル姉さんがいらっしゃるお店以外では買いません。
詳細はこちらから→ロンドンのお魚屋さん


メインはローストした鯛が乗ったリゾット✨


鯛の小骨が気になる時もありますが、完食~♪

夫婦揃って、30代になってから、肉よりも魚への愛がハンパない!!こうして、肉が食べられなくなってゆくのでしょうか…

とか何とか言いつつ、お腹にまだ余裕があったので、デザートはアップルケーキをオーダー!


熱々のアップルケーキに、な、なんと大好きなクロテッドクリームのアイスクリームが乗っているではありませんか!!

まぁいいさ~生きる事は、食べる事だもの…と言って食いしん坊を肯定する奴( ̄▽ ̄)



翌朝、8時半からの朝食へと降りてゆくと、夜の雰囲気とは違い、朝の光が差し込むダイニングルームがとても素敵♪


セルフで取れるフルーツやシリアルのコーナーも充実!


席について、朝ごはんメニューから頼んだのは、
私は、イングリッシュブレックファーストと


Piyo旦那は、チョリソーと卵、お野菜のプレート。
チョリソーの辛さ、塩辛さもそこまで強くなく、卵との相性の抜群の一品。

見た目があれだけどね~~( ̄∇ ̄)


私が食べたイギリスを代表する朝ごはん、イングリッシュブレックファースト。日本人にとっては、美味しいと感じる方が少ないと聞きます。

しかし、私はここのイングリッシュブレックファーストが想像以上に美味しくて驚き!!今まで食べたいくつものイングリッシュブレックファーストの中では確実にトップクラス!!

まず、マッシュルームにちゃんと良い味付けが施され、どでかいマッシュルームのまま出てこないあたりが他のと異なります。また、スクランブルエッグも良い感じにとろけて美味しかった~♪
これなら、また食べても良いかも(^^)

あと、多くのイギリス人にとってトーストとは、カリカリ、ほぼ真っ黒に近いんじゃないか?!というほどまで焼くのがお好きな方が多いのですが、

どうか、こちらのトーストを見て!!!


ゴールデンブラウンに焼け、外はサクッと中はモチっと。そんなトーストにありつけて私は幸せです( ´∀`)

何言ってんだ、大げさだろ~~って?!

現実は、イギリスに住めば…

分かります( ´Д`)



今日もご訪問ありがとうございます✨化石ハンティングは最低でも1泊2日は見ておくべし!長時間運転は疲れますので~(^ー^)
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
ホワイトハウスホテルの様子が少しでも伝わりましたら、最後にポチっとランキング応援をよろしくお願いします(^ー^)ロンドンかイギリス情報のバナーをポチッと!


Flower Nest London インスタへのフォロー&お花に関するお問い合わせはどうぞお気軽に💐
flowernestlondon17@gmail.com

Instagram


Thank you!!!
スポンサーサイト

theme : ヨーロッパ
genre : 海外情報

イギリスで化石ハンティングに燃えた日!

こんにちは!

バタバタで日本からロンドンへ戻り、体調崩し放題だった中、どうしても…どうしても外せない予定がありました。

ロンドンから西へ車を走らせること3時間!!


Charmouthという静かな海辺の町に到着~。


民家の壁にはなんと…

これは…?!


アンモナイト~~!しかもリアルですよ(°▽°)

そう、体ぶっ壊してもキャンセルせず来たかった場所とは…

かの有名なジュラシックコーストであります!!


ジュラシックコースト…それは、2001年にUNESCOの世界自然遺産としてイギリスで1番最初に登録された場所。

名前からお分かりの通り、なんと、ジュラ紀の地層までもが存在し、太古の昔の生き物の化石が未だに多く発掘される海岸なのです!

実は、Piyosophy、恥ずかしながら遥か昔の夢が考古学者になることでした( ´ ▽ ` )

なので、「イギリスで化石が取れる海岸がある!」との情報を聞いた時は血が騒ぐのなんの!!!


そりゃ~ガチなハンマー持って来ちゃうわけです(°▽°)

最初は、正直、半信半疑…

でも、

海岸に転がる石を割るや否や、いきなりアンモナイト2つ出ました~!!


続いてちょっと大きめな物も!


日暮れで暗くなりかけても興奮は冷めることなく、、ひたすら化石をハンティングしまくるアジア人夫婦…


さすがに暗くて化石か何かの判別もつかなくなり、さて、ホテルへ戻るか~と腰を上げると、


誰もいない…( ゚д゚)

化石に対して、私ほどは興味がなかったPiyo旦那もハンティングし始めたら病みつきになるほど楽しかったようです!


さて、2日目。

ホテルでがっつりイングリッシュブレックファーストを食し、やって来たのは海辺にある

Charmouth Heritage Coast Centre


ここでは、過去にこの地で発掘された貴重な化石たちを見ることが出来ます!

Wow!ジュラ紀の海を泳いでいたであろうイクチオサウルス!!!口だけで1メートル以上!!


こちらは、直に触れることの出来る巨大アンモナイト!!

大きさはなんと、直径50センチほどもある大物です( ゚д゚)


ここまでスベスベに磨かれるとまるで宝石のようですね。

化石の見つけ方のコツなんかも見学ブースにて解説してあるので、まずは、ここを訪れる事をオススメ致します!



さて、ちょっと化石や太古の生物に詳しくなったら、いざ、昨日と同じ海岸へ。

すると、行ってみるとびっくり!


平日の午前にもかかわらず人がいっぱい!!

潮干狩り感覚でみんな化石ハンティング来ちゃう感じ(°▽°)

あちこちから、トンテンカンテンとハンマーの音が響いてきます♪

私も負けじと…


はい、どう見ても怪しいですね。

ニット帽を深々と被り、網目の間から手元を確認しつつトンテンカンテン。

飛び散る石の破片から目や顔を守っているわけなんですが…

皆さんは、是非ちゃんと保護するゴーグルを着用してください( ̄▽ ̄)さっきのヘリテージセンターでも借りることができますよ~!ただ、汚いですが…

海岸どこまで見渡しても、2日間とも物好きなアジア人は私らのみ。尚且つ私はこれですから…相当変な奴ですね。

それでも、可愛いお子ちゃまが取りたての化石を自慢しに来たり、犬はふんがふんが寄ってきて愛想振りまいてくれたりして楽しかったです(^^)


さてさて、

ジュラシックコーストにて汗水垂らした成果、収穫物をご覧ください!!


アンモナイトや白亜紀の石、真ん中にある弾丸のような物はベレムナイトと呼ばれる白亜紀末に絶滅したイカの化石です!!

これ見てテンション上がった方、

是非ともジュラシックコーストへ!!!

ロンドンから少し遠いけど、行った甲斐はものすごくありました!!

今日もご訪問ありがとうございます✨あぁ、考古学者なりたかったなぁ…(*´-`)
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

化石ハンティングやってみたくなった方、最後にランキング応援のポチっとお願いします(^^)ロンドンかイギリスのバナーをクリック!

Flower Nest London インスタへのフォロー&お花に関するお問い合わせはどうぞお気軽に💐
flowernestlondon17@gmail.com

Instagram



Thank you!!!

*FC2で拍手機能がエラーになる場合が頻発しているようです。早く修復して欲しいのですが・・・ご迷惑をおかけしております。

theme : ヨーロッパ
genre : 海外情報

tag : ロンドン近郊

秋のロンドン近郊で肺を浄化する…

秋の空気漂うロンドンより今日もこんにちは!

秋というか既に寒いロンドンです。

モコモコパジャマ着て寝ないと朝は激痛で何もできない季節がやってきました~( ˙-˙ )

Piyosophyの寝巻きはというと、←誰も聞いてない
ヒートテック+モコモコパジャマ上下+モコモコゆるゆる靴下+ストール!あ、あと腹巻。という完全防寒対策。

こうして越冬です…(´ω`)


日本の秋ほどは紅葉がとても美しいとは言えないイギリスですが、

それでも、やっぱり秋を感じにちょっとロンドン郊外へ車を走らせて行って参りました!


やって来たのはロンドン中心部から車で1時間弱

Wisley Garden!
RHS Wisley Gardenのページ

RHSという王立園芸協会のメンバーであるPiyosophyとPiyo旦那は入園料タダ~~٩( ᐛ )و

RHSのメンバーになると、チェルシーフラワーショーなどの割引はもちろん、RHSに登録された200近くのガーデンへの出入りが自由なのです!

あとは、園芸図書館ユーザーにもなれちゃいます。詳しくは以前の記事へ→お気に入り!ロンドンの花と園芸専門図書館!



まず、車を降り立って感じたこと、それは、

空気が美味しい…

ロンドン中心部は、何だかんだ排ガスが多くて普段は喉が痛くなったり、点鼻薬が手放せないPiyosophy。

でも、ここは全然違う…肺いっぱいに空気を取り入れて深呼吸をしたくなる場所。

便利な場所に住むのも良いけれど、空気が美味しい所に住むのも経験してみたいです。

紅葉はというと、アイビーが良い感じに色づき始めていましたよ✨


この後、雲行きが怪しくなり、ザッと雨が降りました。


が、すぐ晴れます(*^ω^*)

イギリスの気分屋天気の良いところ✨


お腹がぺこぺこになっても大丈夫、ちゃんと園内には美味しいレストランやカフェもあります!

美味しいりんごジュースと


ビジュアルは微妙ですが、味はとても美味しいマッシュルーム&マスタードスープ!

ライ麦パンに浸して食べるのがオススメです。


ご飯分けてくれ~とマガモさん達が可愛い!

そんなアピールされちゃ~まったくも~と、ちょっとだけショートブレッドをお裾分け٩( ᐛ )و


リスの尻尾みたいなチカラシバ


日本以外でこんなに美しいススキ畑に出会えるとは!!ちょっと嬉しい(^^)


赤くなる葉が日本ほどは多くないイギリスの紅葉。なので、こうしてグラテーションがかった木を見かけるとついつい立ち止まってしまいます…✨ノスタルジア(´ω`)


こちらは、水と岩をうまく使ったRock Garden。


少し日本庭園ぽさも感じます?


でも、水辺はちと寒かった!下の写真、真夏に見るのと14度の肌寒い季節に見るのとじゃ~全然感じ方違いますよね(´ー`)


ひぃ~~寒い(°_°)

でも、みずみずしくてフレッシュな空気が美味しくて久しぶりに肺に良いことしてあげたな~とそんなお出かけになりました✨

日本にいた時もそうでしたが、大都会、東京に住んでたりすると、生まれ故郷の伊勢が恋しくなったものです…

田舎の空気、田園風景、大自然に癒されてリセットする時間って重要なことですね(^^)

今日もご訪問ありがとうございます✨ロンドン中心部はもちろんだけど、郊外でのんびりするのもとってもオススメです(^^)
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
寒そうだけど、植物に囲まれていいね~と思って頂けましたら、上のロンドンかイギリスのバナーをクリック応援お願い致しますm(_ _)m✨
Thank you!!!

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

tag : ロンドン ロンドン近郊

バースでバースデー!

こんにちは!

何やら親父ギャグのような題名で始めてしまいましたが…

実は、Piyosophy1つ歳をとりましたm(_ _)m

場所は、イギリス西部のバースにて。


前日は昨日の記事でも書いたローマンバスやバースの街を観光し、

翌日は、温泉を使ったスパへ行きたい!と話していたPiyosophy♪( ´θ`)ノ

バースのスパといえば、Thermae Bath Spa!

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Thermae_Bath_Spa

バンクホリデーの週末は特に混雑すると思っていたので、朝10時にはスパへ着こうとホテルを出発!

Therme Bath Spaのショップが遠くに見え、

おっ!もうすぐ着くぞ~と思って歩いていると、

旦那さんが、

「実は今日はそっちではなくてこっちなんです…」と。

へ?何?言ってんの?( ゚д゚)

状況を掴めないでおりますと、こちらの建物の中へと案内されるではありませんか。


バースの5つ星ホテルではありませんか。

混雑しているスパよりも、私の持病のことも考え、ゆったりとできるこちらのスパを予約してくれていたと言うのです( ゚д゚)

素晴らしいバースデーサプライズにウキウキであるものの、開いた口が塞がらないPiyosophyでありました( ゚д゚)

こちらがスパの更衣室。


手入れが行き届いていて綺麗~~( ゚д゚)

ちなみに、スパ内は写真撮影不可ですので…ここまでm(_ _)m


でも、雰囲気をご紹介するためにHPからお写真お借り致しました↓↓


ローマンバスをイメージし、エンタシスの白柱に囲まれた大浴場。ジャグジーボタンや打たせ湯ボタンを押してはテンション上がりまくりのPiyosophyでした♪

もちろん、天然の温泉を使用しています✨


そして、何と言っても人が少ない!

私たちの他に2、3組のご夫婦がいらっしゃるだけという。ほぼ、プライベート感覚で楽しめる空間でした。

この大浴場の他、温度の異なるお風呂が2つ、サウナが3つ。


お風呂だけでも幸せなのに、実は、旦那さん、オイルトリートメントまで予約してくれているという…

恐ろしく気が利きすぎですね( ゚д゚)

持病のジストニアの痛みを和らげるのに、マッサージも効果的なので涙が出そうなほど嬉しいサプライズ…

ありがとうございますm(_ _)m✨

マッサージに使用するオイルも自分の体調や好みに合わせて様々な香りを調合してくれますよ!私は、シトラス・ユーカリ・ラベンダーなどを混ぜて頂きました。

そして、その香りを垂らしたバスソルトも頂きましたよ~♪( ´θ`)ノ勿体無くてまだ使ってませんが!


私たちは昼間しかいませんでしたが、夜になるとこうして、キャンドルも灯るようですよ~素敵✨


また、ジョージ王朝時代に高級品として飲まれたホットチョコレートもスパの片隅に置いてあり、いつでも好きなだけ飲めるようになっているっていう(= ̄ ρ ̄=) 

シナモンやチリなどが入っていて、とてもスパイシーなチョコレート✨一口飲むと体がポカポカしてきます!



スパ内は、これまたジョージ王朝時代、17世紀のクラシック音楽が流れており、エレガントで落ち着いた雰囲気を楽しめます!

いや~別世界体験に姫様気分をしばし味わったPiyosophyでありました。1つ歳をとりましたが、歳を取るのも悪くないな~~とそんなバースデー(^^;;

旦那さまグッジョブ…d( ̄  ̄)✨


イギリスへ来ても温泉を楽しむことができるバース!もちろん、水着着用で日本で入る温泉とはだいぶ異なる様式ではありますが、それでも今もローマ時代の人々が愛した同じお湯に浸かることが出来るのですから…

素敵な体験、皆さまも是非(^^)

Thermae Bath Spaもとても綺麗なスパのようですが、ゆったりと時間制限なくスパで寛ぎたい方には、Gainsborough Bath Spaをオススメします。特別な日に✨
The Gainsborough Bath SpaのHPはこちら

今日もご訪問ありがとうございます✨楽しい夏も終わった涼しいロンドンからお送りしましたε-(´∀`; )
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
バースデーを迎えたPiyosophyを今後とも応援よろしくお願い致しますm(_ _)m皆さまのポチッと応援に感謝です!
Thank you!!!

theme : 海外旅行
genre : 旅行

tag : ロンドン近郊

ギリシャからイギリスのローマへ遺跡旅

こんにちは。

昨日の記事で最後にちらっとお見せしたこの写真の場所。。。



どこかと言うと、

湯気が立ち上る温泉!

バースには、ローマ時代のローマンバスという巨大な公衆浴場が今も残っています。



なんと、今も下から温泉が湧き続け、ローマ時代の人々が集った浴槽を満たし続けているのだから驚きです!



サントリーニでの夏休みはギリシャ時代のアクロティリ遺跡を見て、次はローマ時代のローマンバス✨

歴史好きにはたまらん8月となりました~~♪( ´θ`)ノ


入館すると、無料の音声ガイドが付いてきますので、これは必ず聞きながらまわるのをオススメ致します。

2時間くらいは覚悟で参りましょう(^^)

↓巨大なローマ帝国の端、左上に見えるイギリスの丸の点がここ、バース!ただし、当時はバースではなく、ここに祀られている女神スリス・ミネルヴァの名前にちなみ、「アクアスリス」と呼ばれていました。



はい、この方が女神様~↓♪( ´θ`)ノ



公衆浴場に神殿も隣接され、例えて言うならば、Piyosophyの生まれ故郷、伊勢神宮に温泉施設がくっついちゃってる?!ような場所でしょうか(^^;;

遠路はるばる、ここバースまで、地中海からもやってくるローマ人も多くいたそうです。

今もこうして46度のお湯が吹き出しているのを実際に見る事が出来るのが凄い!

湯気がモクモク~~♪でも、残念ながら入ることはできません(´Д` )


大浴場へとお湯が流れ込む水路。本当は触ってはならないそうですが、正直みんな触ってます( ̄▽ ̄)暗黙の了解~~。



私もコソコソと触ってみると、

「わぉ!!こりゃ温か~~い!!」

寒かったので今すぐドボンしたい衝動に駆られます…(; ̄ェ ̄)

最初見た時は、綺麗なエメラルドグリーンだな~と思ったのですが、実は、これは藻が繁殖した色なんだとか…



一気にどこぞの池だ…という感じに見えてしまう。。。

でも、決して臭くはないですよ~♪( ´θ`)ノ
よく見るとローマ時代の石柱の間からひょこっと顔を出した植物を発見。



鳥が落とした種なのか、はたまた風に運ばれてやってきた種なのか…土もないのに、石の合間でも温泉の湯気を浴びながら育っています✨



古代歴史の上に根付く新しい命…神秘ですな✨

大浴場の他にも下写真の水風呂や、スチームサウナなどいくつもの部屋を見学することができます!


そうそう、お土産屋さんで売っていた何やら怪しげな小瓶。

バースウォーター?(; ̄ェ ̄)


へぇ~温泉水って飲むと健康に良いもんね~と思って手に取ると、

Not for Drinking!!

何やねん…

Piyosophyのように、温泉水とか聞くと飛びついちゃう方は見学コースの最後にちゃんと飲めるコーナーが用意されているのでご安心くださいm(_ _)m


とりあえず、カップ一杯取って飲んでみることに!一口飲んで…

鉄っぽい味にうわぁ~~となります(´Д` )

でも、私らの前にいたイギリス人のご家族、ガブ飲みしていらっしゃいました。

Wow it is really really nice!!

とか言ってるし(; ̄ェ ̄)

中には顔とか腕とかまで洗ってるおじさんまでいるという…( ̄▽ ̄)



確かに、成分表を見るとミネラルがかなり豊富なようですね。

良薬口に苦しですな~~(; ̄ェ ̄)



ホテルから望むバースの街並み…

はちみつ色の建物が広がり、奥の小高いグリーンの丘と合わさって絵になります。

日帰り観光も出来るバースですが、Piyosophyはあるイベントが翌日控えているため、1泊2日での滞在です(^^)

さてさて何でしょう…?

今日もご訪問ありがとうございます✨ここまで状態よく残る公衆浴場は珍しいそうです!イギリスへ来たら、歴史感じるバースは外せません(^^)
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
リアルテルマエロマエの雰囲気を少しでも感じて頂けましたら~最後にバナーをポチッと応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
Thank you!!!

theme : 海外旅行
genre : 旅行

tag : ロンドン近郊

プロフィール

Piyosophy

Author:Piyosophy
『まずはハワイじゃなくてロンドン暮らし』というブログから、2017年3月1日より名前を変更しました。

療養目的で移住を考えていたハワイですが、その夢とは別に夫婦で新たな夢を追うことになりました。人生色々、日本で体を壊した後、ロンドンにてフラワーデザイナーをやってるぞ自分?!∑(゚Д゚)と思ったら、今度はまさかのパリへ。

海外生活には慣れたものの、今度は言葉がほぼ分からないパリ生活がスタートしました。どうなることやら・・・

線維筋痛症だと思っていた持病は、渡英後、ジストニアだと判明。
これ以上の病状悪化を防ぐためにも、ヨガは日々の生活に欠かせないものとなりました。

花、美術館巡り、クラシックバレエ鑑賞が大好き。

持病の完治も目指しつつ、前向きに夢を実現させたいと精進精進!
人間、やっぱり健康第一です。

thank you for coming!

現在の閲覧者数:

最新記事

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブログランキング参加中

Merci beaucoup! にほんブログ村ランキング応援よろしくお願い致します!

FC2Blog Ranking

News

検索フォーム

月別アーカイブ

TripAdvisor

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました!
トリップアドバイザー
ホノルル観光ホテル口コミ情報

おすすめリンク

基本的にリンクフリーですが、メッセージ頂けるとこちらからも相互リンク検討致します!お気軽にご連絡ください(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。